コンテンツにスキップする
cojp

北朝鮮はウイルス防いだが油断許されず-金正恩氏が政治局会議で発言

  • 金委員長は2日の党中央委員会政治局拡大会議に出席-KCNA
  • 闘いが長期化する中で当局者に油断見られると「厳しく批判」
金正恩朝鮮労働党委員長

金正恩朝鮮労働党委員長

Photographer: KHAM/Reuters/Bloomberg
金正恩朝鮮労働党委員長
Photographer: KHAM/Reuters/Bloomberg

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は2日、党中央委員会政治局拡大会議に出席し、北朝鮮が「世界的な公衆衛生危機」を引き起こした伝染病の広がりを「徹底的に防いだ」と指摘した上で、「防疫」の取り組みで気を緩めてはならないと指示した。国営朝鮮中央通信(KCNA)が3日に伝えた。

  KCNAの報道では「悪性伝染病」としており、新型コロナウイルスに具体的には言及していない。

  それによると金委員長は、伝染病との闘いが「長期性を帯びる」ことで当局者に油断が見られると「厳しく批判」し、「防疫措置の生半可な緩和は想像することも挽回することもできない致命的な危機を招くと繰り返し警告した」という。

  会議では平壌総合病院の建設を急ぐことも議論した。

原題:
North Korea Says Halted Virus Spread; Warns Against Complacency(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE