コンテンツにスキップする
Photographer: DANIEL ACKER
cojp

今年の米成長率予測マイナス5.9%に下方修正、来年は上方修正-CBO

  • 来年はプラス4.8%を想定-5月19日時点の予測はプラス4.2%
  • 今年と来年の失業率は平均でそれぞれ10.6%、8.4%を予想
The U.S. Treasury Department stands in Washington, D.C., U.S., on Wednesday, Feb. 25, 2009. Congressional Republicans signaled that the debate over President Barack Obama's $3.55 trillion budget request will only widen the partisan divide that has dominated his first weeks in office.
Photographer: DANIEL ACKER

米議会予算局(CBO)は2日発表した最新経済予測で、今年の経済成長率がマイナス5.9%と、従来の予測を下回る一方、来年はプラス4.8%とこれまでの予想を上回るとの見通しを示した。

  5月19日時点の予測では、今年が5.6%のマイナス成長、21年が4.2%のプラス成長だった。成長率予測は第4四半期比較。

  今年と来年の失業率については平均でそれぞれ10.6%、8.4%を想定。新型コロナウイルスの感染拡大前に比べると労働市場は極めて弱い状態にとどまる見通しだが、両年とも従来予想より若干の改善を見込んでいる。従来予想はそれぞれ11.5%、9.3%。

  最新予測は6月26日時点で得られていた情報を考慮しており、7月2日発表の雇用統計は織り込まれていない。

  新型コロナに伴うロックダウン(都市封鎖)が経済に与える影響は今後数年間にわたって続く見通しだ。CBOは23ー24年について失業率が平均6.3%、経済成長率は平均プラス2.2%を見込んでいる。

  失業率はその後、緩やかな低下にとどまり30年第4四半期時点で4.4%を予想。新型コロナ流行前の3.5%を上回ったままとなる見通しだ。

原題:CBO Trims U.S. GDP Forecast for This Year, Lifts 2021 Projection(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE