コンテンツにスキップする
cojp

7月2日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次の通り。

◎米国市況:株が続伸、雇用統計好感も第2波懸念で上げ幅縮小

  2日の米株式相場は続伸。ただ、新型コロナウイルス感染の第2波が景気回復を脅かしかねないとの警戒感から上げ幅を縮小する展開だった。米国債は雇用統計を手掛かりに下げた後、引けまでに日中高値近辺に持ち直した。

  • 米国株は続伸、感染第2波警戒で上げ幅を縮小
  • 米国債は朝安後に持ち直し、10年債利回り0.67%
  • ドル指数が下げ埋める、米中関係の緊迫など意識
  • NY原油先物は続伸、3月上旬以来の高値
  • NY金先物は反発、ウイルス感染拡大への懸念強く

  祝日を控えて薄商いとなる中、米国の新型コロナ新規感染者数が5月9日以来の大幅増加を記録したと伝わり、S&P500種株価指数は日中高値を離れた。それより先にはフロリダ州が、1日の感染者ならびに入院者数が過去最多の増加となったと報告していた。こうした感染状況が、米雇用統計で示された強材料を相殺する形となった。

  雇用統計では6月の非農業部門雇用者数が前月比で480万人増えたほか、5月の数値が270万人増に上方修正された。

  S&P500種は前日比0.5%高の3130.01。ダウ工業株30種平均は92.39ドル(0.4%)高の25827.36ドル。ナスダック総合指数は0.5%上昇。

  ネッド・デービス・リサーチの米国担当チーフストラテジスト、エド・クリソルド氏はブルームバーグテレビジョンに対し、連休を控えているため「極端な強気ポジションにしておく理由がない」とコメント。S&P500種が3000-3200のレンジにあることに言及し、取引序盤で「レンジを抜け出せないことが明白になった。ラリーは失速した」と指摘した。

  米国債市場では10年債利回りが1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.67%。独立記念日の振替休日を翌日に控え、この日の米国債市場は米証券業金融市場協会(SIFMA)の勧告に基づき米東部時間午後2時までの短縮取引だった。

  為替市場ではドル指数がほぼ変わらず。米雇用統計発表後にリスク選好が強まったが、中国を巡る地政学的な緊張や新型コロナウイルスを巡る懸念、米政府の景気対策に関するまちまちな材料が意識された。

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%低下。朝方には0.4%低下する場面があった。ドルは対円でほぼ変わらずの1ドル=107円50銭。ユーロは対ドルで0.1%安の1ユーロ=1.1239ドル。

  ニューヨーク原油先物相場は続伸し、約4カ月ぶりの高値で終えた。6月雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を上回る伸びを示し、前月のデータも上方修正されたことで米景気回復への期待が高まった。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物8月限は、83セント(2.1%)高の1バレル=40.65ドルで終了。ロンドンICEの北海ブレント9月限は1.11ドル高の43.14ドル。ともに3月6日以来の高値で引けた。

  ニューヨーク金先物相場は反発。雇用統計は予想以上の改善を示したが、新型コロナの感染再拡大で一部の州の経済活動再開ペースが鈍るとの懸念が根強く、金相場はいったん下げた後に上昇に転じた。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は0.6%高の1オンス=1790.00ドルで終了した。

原題:Stocks Pare Gains as Virus Angst Offsets Jobs Data: Markets Wrap(抜粋)

Treasuries Erase Declines Sparked by Strong June Jobs Data(抜粋)

Dollar Little Changed Amid Virus, China Concerns: Inside G-10(抜粋)

Oil Closes at Highest Since Early March on Robust Jobs Report(抜粋)

PRECIOUS: Gold Swings After Payrolls Beat, Virus Threat Worsens(抜粋)

◎欧州市況:株は上昇、2週間ぶりの大幅高-イタリア債が上昇

  2日の欧州株は上昇、2週間ぶりの大幅高となった。米国で発表された6月の雇用統計が好感された。またフランスやドイツ、中国で新型コロナウイルスの感染拡大が抑制されている兆しが示されたことも寄与した。

  ストックス欧州600指数は2%高で4日続伸。4連騰は5月後半以来で最長。この日は全業種が上昇し、銀行と自動車がいずれも3.4%を超える上げとなった。

  欧州債はイタリア債を中心にユーロ圏国債が上昇した。フランスやスペインの国債入札や米雇用統計を好感した株高が影響した。

  イタリア債とドイツ債のイールドスプレッドは3ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)縮小して164bpと、3月以来最小となった。

  ドイツ債は利回り曲線がブルフラット化。英国債は幅広い年限で上昇した。

  ドイツ10年債利回りは3bp下げてマイナス0.43%。フランス10年債利回りは5bp下げてマイナス0.11%。イタリア10年債利回りは6bp下げて1.21%。

原題:Italian Bonds Lead Bull Flattening; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

European Stocks Climb Most in Two Weeks on U.S. Jobs Data Beat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE