コンテンツにスキップする

ウクライナ、ユーロ債入札を中止-中銀総裁が突然の辞任

ウクライナは予定していた17億5000万ドル(約1880億円)相当のユーロ債入札を中止した。政治的な圧力が続いているとして同国の中央銀行総裁が突然、辞任を発表したことが影響した。

  ウクライナ中銀のスモーリー総裁は1日遅く、辞意を表明した。この段階で国債の発行条件は既に確定しつつあった。2日の金融市場でウクライナ通貨フリブナと既発ユーロ債は急落している。

  ウクライナのゼレンスキー大統領はスモーリー総裁の辞意を受け入れた。正式な辞任には議会の承認も必要とする。

原題:Ukraine Cancels Eurobond Sale After Central Bank Chief Quits (2)(抜粋)

Ukrainian President Accepts Central Bank Chief’s Resignation(抜粋)  

  

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE