コンテンツにスキップする

中国3位の富豪、拼多多の黄氏がCEO辞任-会長にはとどまる

中国で電子商取引業界の一角を担うまでに成長したスタートアップ、拼多多の共同創業者、黄崢氏が最高経営責任者(CEO)を辞任した。会長職にはとどまる。

  別の共同創業者である陳磊氏が新CEOに就いた。創業5年の拼多多はウェブサイトに掲載した従業員宛ての書簡で明らかにした。

Pingduoduo CEO and Founder Colin Huang Interview

インタビューに応じる黄崢氏(2017年)

撮影:Qilai Shen / Bloomberg

  上海に本社を置く拼多多は2018年に米ナスダックに上場。ジェフリーズとシティグループのアナリストは黄氏(40)のCEO辞任は予想外で驚きだとしている。

  ブルームバーグ・ビリオネア指数によると、黄氏の純資産は443億ドル(約4兆7600億円)で、中国3位。

関連記事
米IPOで世界の富豪トップ100入り-元グーグルの拼多多CEO(2018年7月配信)

原題:China Upstart CEO Steps Down After Building $44 Billion Fortune(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE