コンテンツにスキップする

中国で服役の日本人男性が出所、スパイ罪で拘束と報道

  • 2015年5月に遼寧省丹東市で拘束、懲役5年で服役-菅官房長官
  • 15年以降で日本人15人拘束、実刑判決受けた人の帰国は初めて-報道

中国で拘束され懲役5年の罪で服役していた50代の日本人男性が刑期を満了し、1日に出所したことが分かった。菅義偉官房長官が2日の記者会見で明らかにした。時事通信などは男性はスパイ罪で実刑判決を受けていたが、2日午後にも帰国すると報じている。

  菅官房長官によると、男性は2015年5月、北朝鮮に近い遼寧省丹東市で拘束され、18年7月に懲役5年の判決を言い渡された。菅氏は出所したことは確認しているとしたが、詳細については「コメントは差し控えたい」と述べた。

  中国では15年以降にスパイ容疑などで少なくとも15人の日本人が拘束されており、懲役の実刑判決を受けた9人のうち帰国するのは男性が初めてとみられると時事通信は伝えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE