コンテンツにスキップする
QuickTake

米国が香港の優遇措置撤廃、何を意味するのか-QuickTake

更新日時
From
  • トランプ氏は14日、香港への優遇措置を撤廃する大統領令に署名
  • 再選目指すトランプ氏は米経済への影響も考慮せざるを得ない
relates to 米国が香港の優遇措置撤廃、何を意味するのか-QuickTake

米国は1992年の「米国香港政策法」に基づき、独自の司法・経済制度を持つ香港を中国本土と異なる扱いとしてきた。しかし、トランプ大統領は、香港の特別な地位がもはや過去のものだと語っている。世界的な金融センターである香港が他の中国の都市と同じ扱いになる可能性もある。そうなれば、すでに難しい状況にある米中双方の経済に打撃となる恐れがある。

1. トランプ氏は何をしたか

  トランプ氏は14日、香港への優遇措置を撤廃する大統領令に署名した。米政権が以前から警告してきたことを行動に移した形だ。ポンペオ国務長官は5月27日、政権としては、香港がもはや中国本土からの自治を維持していないと判断していると議会に伝えた。これを踏まえてロス商務長官は6月29日、香港の特別な地位は取り消されたと述べていた。

2. どんな影響があるか

  ホワイトハウスは香港のパスポート保有者がいくつかの特権を失うことになるとしている。またトランプ氏は、香港が米国向け輸出に関連する一部の利益を失うだろうとも述べた。しかし、今回の大統領令が関税や香港の金融業界にどのような意味を持つかなど、幅広い影響に関して具体的な説明はしていない。

  ポンペオ氏は先に、不特定の中国当局者に対する査証(ビザ)の制限を発表したほか、香港への防衛装備の輸出を停止するとも述べていた。対中措置をどこまで進めるかを決めるに当たり、トランプ氏は米経済への影響も考慮せざるを得ない。米中貿易合意は同氏が最大の成果の1つと考えていたものであり、米経済への打撃は11月の大統領選挙にも影響する。

Police Tell University Protesters To Surrender After Violent Weekend Protests Shut Down City

香港と中国にとっては何が重要か

写真家:カイル・ラム/ブルームバーグ

3. 香港と中国にとっては何が重要か

  香港が中国本土から世界への重要な窓口であることに変わりはないが、かつてほどの存在感はない。1992年には中国輸出の45%が香港経由だったが、その比率は2019年には12%にまで低下した。とはいえ、香港はまだ重要だ。香港ほどの開かれた資本勘定と国際的なガバナンス基準の順守は中国本土のどの都市にも見られない。国際的な銀行や商社にとって香港が重要な拠点となっている理由もそれだ。ロンドン大学SOAS中国研究所の曽鋭生(スティーブ・ツァン)所長は、特別な地位の剥奪は「核オプション」であり、「われわれが知っている香港の死の始まりだ」と述べた。

4. 金融市場への影響は

  米国が香港を他の中国の都市と同じように扱うのであれば、格付け会社と投資家も同じ行動に出るかもしれない。これはドイツ銀行が提起したシナリオで、同行はS&Pグローバル・レーティングが香港の格付けを中国本土より3段階高くしている点を指摘している。向こう数年内に中国の格付けが引き下げられ、それが香港の格付けにも影響するリスクがある。香港株は現在、先進国の株式と共にMSCIワールド指数に組み入れられているが、それも見直されるかもしれない。

5. 米国にとっての香港とは

  米国が過度に事を荒立てないのは、それなりの理由がある。香港は中国市場への比較的な安全なアクセスを米企業に与えており、ドルペッグ(連動)制の採用で米国の金融システムとも連動している。また、米議会調査局によれば、2019年に米国の貿易黒字が最大だったのは対香港の360億ドル(約3兆8600億円)。同年に香港に地域本部を置いていた米企業は278社で、それ以外に457社が拠点を構えていた。

Demonstrators Attend Global Anti Totalitarianism Rally In Hong Kong

昨年9月の香港デモで米国旗を振る参加者

6. 中国はどう対応しているか

  中国外務省は香港問題はあくまで内政問題だと主張しており、外部からの「干渉」には不特定の対抗措置を取るとしている。中国は昨年、全米民主主義基金(NED)やヒューマン・ライツ・ウオッチ、フリーダム・ハウスなど米国の非政府組織(NGO)の一部に制裁を科し、米海軍艦船の香港寄港を停止すると発表していた。国営新華社通信は香港での自由の剥奪や人権問題については「根拠のない」非難だと一蹴している。

7. 香港はどう対応しているか

  林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は、外国の議会が香港の内政問題に干渉するのは「全く容認できない」とし、制裁は香港の問題を複雑にするだけだと述べている。林鄭長官は香港が今後も法の支配を守り、独立した司法を持つとして投資家を安心させようとしてきた。また、香港警察の行動も擁護してきた。

香港行政長官、国家安全維持法を擁護-警察には広範な権限付与

参考記事
香港国安法で「恐怖感がまん延」-2週間足らずで市中の景観さえ変化
中国が焦る人民元の国際化、米国との緊張激化で新たな重要性
グローバル銀行は米中間で板挟み、米制裁法順守なら中国法違反の恐れ

原題:What Hong Kong Losing Its U.S. ‘Special Status’ Means: QuickTake(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE