コンテンツにスキップする

ECB、欧州の銀行業界再編を阻害せず-構造問題対応で有用なら

欧州中央銀行(ECB)は、ユーロ圏の銀行業界の問題解決に役立つような合併なら阻止しない考えを示した。

  1日の発表の趣旨は、合併した銀行が自動的に高い資本要件に直面しないということと、会計上で生じる利益は短期的な株主リターンを高めるよりも銀行の基盤強化に活用されなければならないという点だ。

  銀行監督部門のエドュアルド・フェルナンデスボロ氏は1日のブログ投稿で、「ある程度の統合はユーロ圏の銀行が現在直面している構造的問題の解決に役立つと思われる」とし、収益力の向上や規模の経済によってコスト効率を高め、デジタル化とグローバル化が進展する将来への対応能力も高める可能性があると指摘した。

  ECBは域内銀行の合併について、一定の資本要件を満たすことや会計上で得られる利益を不良債権引き当ての増額などに使うことを含む指針を示した。指針について10月1日まで意見を公募する。

原題:ECB Won’t Block Credible Mergers That Could Fix Europe’s Banks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE