コンテンツにスキップする

香港脱出したいバンカーに台湾が照準、誘致強化-国家安全法受け

  • 台湾は香港居住者の移住を容易にするための専用の窓口を開設
  • 特に金融業界の優秀な人材を誘致することを望んでいる-台湾当局者

中国政府が香港への統制を強める中、台湾は香港を脱出したいと考えているバンカーら熟練労働者を誘致する取り組みを強化している。

  6月30日の「香港国家安全維持法」施行からわずか数時間後、 台湾は香港居住者・企業の移住移転を容易にするための専用の窓口を正式に開設した。資金集めから学校入学、宿泊施設の手配に至るまであらゆる支援を提供する。

  台湾の大陸委員会の陳明通主任委員は「香港から台湾に資本や熟練労働者、特に金融業界の優秀な人材を誘致することを望んでいる」と説明。台湾はまた、所得税率を含め、現在移住の妨げになっている規制の広範な見直しを進めている。

Taiwan Heads to Polls In Presidential And Legislative Election

台湾の蔡英文総統

写真家:Betsy Joles / Bloomberg

  台湾経済は人口の伸び悩みや熟練労働者不足の深刻化、輸出の減少に見舞われており、台湾は香港から若者が脱出する可能性を経済再活性化のチャンスと捉えている。蔡英文総統は、昨年香港で広がった民主化を求める抗議活動に支持を表明したことが今年1月の総統選での圧勝に貢献したことから、香港居住者の支援に向けた具体的措置を実行することを目指している。

Capital Transfer

Investments by HK residents in Taiwan have surged in recent years

Source: Taiwan Investment Commission

原題:
Hong Kong Bankers Recruited by Taiwan After Security Law (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE