コンテンツにスキップする

メーシーズ、第1四半期にのれん代の減損3300億円-新型コロナで

米百貨店メーシーズは、新型コロナウイルスの感染拡大が小売業界を直撃する中、2-4月(第1四半期)にのれん代の減損費用(税引き前)31億ドル(約3300億円)を計上した。同社が1日発表した。

  同社は特に、外国人観光客に大きく依存しているニューヨーク・マンハッタンのヘラルドスクエアにある旗艦店など店舗の営業停止の打撃を受けた。

  また、長期的資産に関連する減損費用8000万ドルも計上。純売上高は前年同期比45%減の30億ドルだった。

備考:メーシーズ、450店舗で営業再開-第1四半期の暫定売上高は45%減

原題:Macy’s Takes $3.1 Billion Charge, Pins Hopes on Gradual Recovery、Macy’s 1Q Goodwill Charges $3.1b; Stores Faring Ahead of Views (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE