コンテンツにスキップする

韓国の輸出、6月は減少ペース鈍化-封鎖措置解除、営業日数も影響か

韓国の6月の輸出は減少ペースが鈍化した。新型コロナウイルス感染拡大で導入されたロックダウン(都市封鎖)の解除を背景に、国外の需要低迷が最悪の状況から脱しつつある兆候が示された。

  産業通商資源省の1日の発表によると、輸出は前年同月比11%減少。4月と5月はそれぞれ20%を上回る落ち込みを示していた。ただ今年6月の営業日数は前年同月より多かったため、輸出の弱さが幾分隠された可能性はある。エコノミスト予想は9.1%減だった。

  韓国最大の輸出市場である中国向けは9.5%増加。一方、米国向けは8.3%減、欧州連合(EU)向けは17%減少した。

  品目別では自動車が33%、石油化学製品が12%、携帯電話などのワイヤレス製品が12%、それぞれ減少。半導体は前年同期比でほぼ変わらず。コンピューターは92%増加した。 

Exports got hit by Covid-19 just as they were about to recover

原題:Korea’s Export Slump Eases on More Work Days, Lockdown Lifts (2)、S. Korea June Semiconductor Exports -0.03% Y/y; By Commodity(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE