コンテンツにスキップする

NYなど米北東部3州、訪問者に自主隔離求める州を倍増-計16州に

  • 16州からの訪問者に14日間の自主隔離を求める
  • 活動再開の不安定な安全性を維持するための措置とNY州知事

米北東部のニューヨーク、 ニュージャージー、コネティカットの3州は6月30日、従来の8州に加え、新たに8州からの訪問者に14日間の自主隔離を求めると発表した。

  ニューヨーク州のクオモ知事はニュースリリースで、「地域での感染急増と闘っている州が増えており、ニューヨーク州はデータに基づいた段階的な経済活動再開の不安定な安全性を維持するため措置を講じる」と表明した。

  3州は6月24日に8州を対象に自主隔離勧告を出していた。追加された8州を含めた16州はアラバマ、アーカンソー、アリゾナ、カリフォルニア、フロリダ、ジョージア、アイオワ、アイダホ、ルイジアナ、ミシシッピ、ノースカロライナ、ネバダ、サウスカロライナ、テネシー、テキサス、ユタ。

原題:
N.Y.-Area Self-Quarantine Order Grows to Include 16 States (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE