コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg
cojp

米加州、受刑者3500人強の釈放目指す-一部刑務所でコロナまん延

  • サン・クエンティン刑務所の受刑者約1000人が陽性
  • 州全体でも受刑者約11万3000人中ほぼ2600人が感染
An inmate walks to his cell as corrections officers patrol at San Quentin State Prison in San Quentin, California, U.S., on Tuesday, Aug. 16, 2016. San Quentin, home to the state's only death row, houses 725 condemned inmates. On the November 8th California ballot voters have the chance to abolish the death penalty or speed up the process.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

米カリフォルニア州のニューソム知事は、サン・クエンティン州立刑務所で受刑者の3分の1近くが新型コロナウイルスに感染するなど州の刑事施設で感染が拡大していることから、刑期終了が近い3500人余りの受刑者の釈放を目指している。

  ニューソム知事は29日の記者会見で、サン・クエンティン刑務所は「現在、われわれが注視し、強く懸念しているところだ」と発言。同刑務所で新型コロナに感染した1000人余りの受刑者の一部を近隣の病院に移送するための措置を講じていると説明した。

  同知事によると、州全体の受刑者約11万3000人のうち、ほぼ2600人のコロナ陽性が判明している。同州は感染拡大の初期に既に約3500人の受刑者を釈放しており、今後釈放の可能性を検討する際には医療体制の状況を考慮に入れる。

原題:California to Release Some Inmates With Virus Ravaging Prisons(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE