コンテンツにスキップする
Subscriber Only

ユニリーバ、フェイスブックとツイッターへの米国での広告掲載を停止

Unilever NV headquarters in Rotterdam.
Unilever NV headquarters in Rotterdam. Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

英・オランダ系消費財・生活用品メーカーのユニリーバは、米フェイスブックとツイッターへの米国での広告掲載を年内いっぱい停止する。ヘイトスピーチ(憎悪表現)や政治的分極化への対応が不十分なことが主な理由だとしている。フェイスブックとツイッターの株価は急落した。

  ユニリーバは電子メールで「現時点においてこれらのプラットフォームへの広告掲載を続けても、人々や社会に付加価値をもたらさない」と説明。「状況を注視し、必要に応じて方針を再検討する」と加えた。

  大手企業では、アウトドア用品を手掛けるパタゴニアや通信会社ベライゾン・コミュニケーションズなども、フェイスブックとインスタグラムへの広告掲載の停止を表明している。

  26日の米株式市場で、フェイスブックは一時8.6%安。ツイッターは8.4%下げた。

原題:Unilever to Halt U.S. Ads on Facebook, Twitter; Shares Drop (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE