コンテンツにスキップする
cojp

金融市場の復調は容易に反転も、経済見通しと連動せず-IMFが警告

  • 金融市場と経済見通しの間に明らかな乖離-金融安定性報告の見解書
  • IMF金融資本市場局の正副局長が指摘した
relates to 金融市場の復調は容易に反転も、経済見通しと連動せず-IMFが警告

金融市場におけるここ2カ月の復調は、各国・地域の中央銀行がけん引し、経済見通しと連動していないことから、相場は容易に反転し得ると国際通貨基金(IMF)は警告している。

  新型コロナウイルスの死者数増加が続き、米国の失業率が急上昇したにもかかわらず、米S&P500種株価指数は感染拡大に伴い3月後半に付けた安値から先週末までに35%を超える上昇となった。

  IMFはこれまでにも経済が大きく圧迫された時期にこうした相場の反発はあったが、結局すぐに巻き戻される結果となったと指摘した。

Stretched Public Finances

Global public debt projected to reach more than 100% of GDP this year

Source: International Monetary Fund

  IMF金融資本市場局のトビアス・エイドリアン局長とファビオ・ナタルッチ副局長は国際金融安定性報告書(GFSR)の6月改訂版に付随する25日の見解書で、株式相場は「2月から3月にかけて急落した後で回復し、一部のケースでは1月の水準に近づいている。同時に、信用スプレッドが著しく縮小しており、高リスク投資についてもそれが言える。これにより、金融市場と経済見通しの間に明らかな乖離(かいり)が生じている」と分析。

  「こうした乖離は、投資家の態度が変われば再びリスク資産価格の調整があるのではないかという不安材料であり、景気回復にとって脅威」だとし、「いわゆる株式市場のベアラリーは、過去に経済的圧力が大きく高まったときにも発生したが、結局は急速に終息した」と警鐘を鳴らした。

原題:IMF Flags Risks From Financial-Market Disconnect With Economies(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE