コンテンツにスキップする

米テキサス州知事、経済再開の次段階移行を停止-ICU受け入れ限界

  • 州内4郡で緊急性のない手術を中止、病床確保狙う-アボット知事
  • ヒューストン、7月中旬までに患者3-4倍増の「破滅的」筋書きも

米テキサス州のアボット州知事は、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の感染者と入院患者が急増しているとして、経済活動の段階的な再開を一時停止した。

  25日発表の行政命令では、これまでに活動再開が許可されている企業は既存の定員制限を守った上で事業を継続できる。知事室の声明によると、経済再開計画における次段階への移行は保留になった。さらに同知事は病床を確保するため、ヒューストンを含むハリス郡ほか4郡で緊急性のない手術を延期とした。

Healthcare worker

ヒューストンにある検査場の風景(今月24日)

フォトグラファー:David J. Phillip / AP Photo

  アボット知事は声明で「われわれが州として最も避けたいのは後戻りし、企業活動を休止させることだ」とし、「州経済再開の次の段階に安全に進める時が来るまでの間、この一時停止が感染拡大の抑え込みに役立つ」と説明した。

  ヒューストン地域の病院の集中治療室(ICU)は25日、受け入れ能力が限界に達した。ベイラー医科大学国立熱帯医学校のピーター・ホッテズ学部長は、「われわれの地域では、おびただしい数の感染が進行中だ」として、状況はさらに悪化すると警告した。

  ホッテズ氏は25日のインタビューで、フィラデルフィア小児病院による予測モデルに言及し、ハリス郡の現在の傾向は感染者数が7月中旬までに3-4倍に急増することを示唆すると指摘。そのようなシナリオが実現すれば、「破滅的」だと語った。

関連記事:テキサス州各地で新型コロナの大規模な感染拡大-知事 (1)

原題:
Texas Governor Halts New Phases of Reopening State’s Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE