コンテンツにスキップする
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg
cojp

米運輸省、中国航空会社が求めた増便を拒否-再考の余地も示唆

  • 手続き上だけの問題であり、エスカレーションではない-米運輸省
  • 米航空会社に影響を与える政策を中国政府が調整すれば再考も
America's Wary Steps Onto Flights Are Reviving Jet Fuel Markets
Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

米当局は中国の航空各社が提案した米国便の増便を拒否したが、米航空会社に影響を与える政策を中国政府が調整すれば再考する姿勢を示した。

  米運輸省は19日遅くに出した文書で、現在は週4便の米国便が認められている中国航空会社4社が提出した運航計画に加え、他の中国航空会社3社による追加提案を認めなかったことを明らかにした。

  同省はこの決定について「実質的に、米中航空会社による定期旅客便の均衡の維持を目的とした行政措置」だと説明。同省は先に、中国航空会社による米国便を週4便に増やすと発表していた。

  米運輸省によると、米当局から中国側に対して今回の動きは「手続き上だけの問題であり、米国によるエスカレーションと見なすべきではない」と伝えた。

  中国民用航空局および米国への定期便を現在運航している中国航空会社のうち中国国際航空中国南方航空中国東方航空の3社にコメントを求めたが、今のところ返答は得られていない。中国南東部の都市からロサンゼルスに週に1回往復便を飛ばしている厦門航空の担当者には現時点で連絡がついていない。

原題:
U.S. Rejects Additional Flights Sought by Chinese Airlines (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE