コンテンツにスキップする
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg
cojp

エアバス、強制的な人員削減の前に希望退職募る方針

  • 強制的な削減がフランスとドイツで政治問題化するのを避ける考え
  • 人員削減は計1万2000―1万6000人に達する公算も-ファーガソン氏
An Airbus A321 NEO passenger aircraft, operated by China Southern Airlines Co., taxis near a fuselage section outside the Airbus SE factory in Hamburg, Germany, on Wednesday, May 13, 2020. Airbus secured just nine net orders in April and delivered 14 jetliners after airlines desperate for cash put off accepting new planes and clamped down on spending to deal with a crisis that could last several years.
Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

欧州の航空機メーカー、エアバスは強制的な人員削減に動く前に希望退職を通じて人員を減らす計画だ。フランスとドイツで政治問題が生じないように経費抑制を図る考えだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  エアバスは製造部門全体で希望退職や早期退職を募った上で、最後の手段として強制的な人員削減を実施する方針。協議は継続中だとして関係者が匿名で語った。ブルームバーグ・インテリジェンスの航空アナリスト、ジョージ・ファーガソン氏の試算によると、削減される人員は計1万2000―1万6000人に達する公算が大きい。

  ギヨム・フォーリ最高経営責任者(CEO)は最近のスタッフ宛ての書簡で、5年間続くとも考えられる需要縮小を受け、エアバスは年内に現金流出に歯止めをかけ財務のバランスを取り戻すため、速やかに規模を縮小する必要があると指摘。その上で、危機の大きさを踏まえると「胸の痛む決定」を迫られるとしていた。書簡はブルームバーグが確認した。

  同社は恒久的な人員削減計画をまだ示していないが、航空宇宙分野やエールフランス・KLMルフトハンザ航空など大手航空会社に多額の支援を表明しているフランスとドイツにおいては政治的な観点から実施が難しい。

原題:
Airbus Targets Voluntary Job Cuts Before Any Wider Staff Layoffs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE