, コンテンツにスキップする

中国、米タイソンからの鶏肉輸入を停止-工場で新型コロナ集団感染

更新日時
  • アーカンソー州スプリングデール工場からの全製品を税関当局が押収
  • 「市民の間には輸入冷凍製品への不安がある」とアナリスト

中国当局は21日、新型コロナウイルスへの数百人の従業員の感染が確認された米タイソン・フーズの工場からの鶏肉輸入を停止すると発表した。

  アーカンソー州スプリングデールの工場から中国の港に到着したか、近く到着する全製品を税関当局が押収する。数日前の段階で、中国当局は北京での新たな感染拡大の原因が食品である可能性は低いと説明していたが、今回の発表は方針転換となる。

  北京のコンサルティング会社ブリック・アグリカルチャー・グループのシニアアナリスト、リン・グオファ氏は「米国での深刻な感染拡大を巡り中国には懸念が存在する。北京の感染者のほぼ全員が食肉・冷凍魚卸売市場との関係が指摘されており、市民の間には輸入冷凍製品への不安がある」と指摘した。

関連記事
タイソンやペプシコにも影響波及、北京の新型コロナ感染再拡大
中国税関当局、海産物や肉など輸入製品の新型コロナ検査は全て陰性

原題:
China Blocks Tyson Poultry, Stoking Fear Over Global Exports (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE