, コンテンツにスキップする

フィンテックら異業種参入の一方通行見直し、銀行規制緩和へ自民提言

  • 新型コロナで銀行機能強化の機運高まる、日本型モデルを模索へ
  • 海外競争力の強化も、銀証間のファイアウォールから外国法人を除外

「楽天は銀行になれるが、銀行は楽天になれない」。小売りなど他業種が銀行業を展開する一方、銀行側には多くの業務規制がある現状をやゆした言葉だ。新型コロナウイルス感染拡大で銀行の金融インフラとしての役割が注目される中、自民党の金融調査会は銀行の業務規制を緩和するとともに、事業会社による銀行業参入のあり方も検討するよう求める提言をまとめた。

  「銀行を規制でがんじがらめにしている時代ではない」。ブルームバーグとのインタビューで自民党政調副会長の木原誠二氏は、提言の背景には経営環境の変化があると述べた。楽天ソニーローソンなどが銀行業に参入し、フィンテック企業が送金を手掛けるようになったが、銀行は金融システム安定確保の観点から他業種への参入を制限されている。

Views of Japanese Mega Banks Ahead Of Full-Year Results

銀行の業務規制の緩和に向けて自民党が提言

  低金利政策や人口減少で国内の預貸収益が低迷し、銀行は収益源の多角化に苦戦している。自民党のある議員は、1990年代以降の金融危機の際は多少痛んでも治療すれば社会復帰ができると信じて手当てができたが、今の銀行は長い闘病生活で生きる力が乏しくなったようだと例え、事態の深刻さを指摘した。

  新型コロナ禍で銀行の機能強化を求める機運も高まっている。自民党は、金融調査会がまとめた業務規制緩和につながる提言を党の成長戦略に盛り込み、7月にも公表予定の政府の経済財政運営と改革の基本方針「骨太の方針」に反映させることを目指す。反映されれば、来年の通常国会に関連法案の改正案が提出される見通しだ。

自民党・金融調査会がまとめた提言:
  • 銀行グループがデジタル化、地方創生、SDGsなどに積極的に取り組めるよう規制緩和 
  • 出資規制の緩和。銀行による事業会社への出資を議決権比率で5%以下、銀行持ち株会社は15%以下とするルールのあり方を検討 
  • 競争環境の公正化。事業会社が保有可能な銀行の範囲を検討
  • 銀行保有の人材、データ、システムの最大活用に向けた制度見直し
  • 外国法人顧客について銀行・証券間のファイアウォール規制から除外を検討

フィンテック攻勢からの巻き返し

  フィンテック企業による銀行業への参入は世界で進んでいる。欧州では銀行免許取得の簡易化によりスタートアップのデジタル銀行が台頭し、既存銀行もデジタルに特化した独立部門を設立する動きが加速。米国では連邦預金保険公社(FDIC)がフィンテック企業に銀行免許を付与している。

  日本でもフィンテック企業に対応する規制緩和は続いている。銀行の口座情報を家計簿アプリと連携する「オープンAPI」が進められ、スマートフォンを通じて複数の金融商品を販売する「金融サービス仲介業」も創設される。銀行以外の事業者による100万円以上の高額送金も一定のルールの下で可能となる。

  こうした中、銀行側の規制緩和はフィンテック優先を揺り戻す形となる。大和総研の内野逸勢主席研究員は「日本の銀行は地域経済を活性化する使命」を負っている点で海外と違い、欧米のような「競争原理の導入だけでは金融システムを守れない」と指摘。金融庁の幹部も、日本型モデルを模索する必要があるとの認識を示す。

  政府方針の議論の場でも、フィンテックが伸びたことで日本の金融は強くなったかを問い直す形となった。自民党の木原氏は、新型コロナ感染拡大によって「フィンテックだけでは地方経済は支えられない」との認識が進んだとして、銀行規制緩和へのシフトが起きていると述べた。

  自民党・金融調査会がまとめた提言では、銀行グループが事業会社に出資する際の規制を「低金利環境の長期化や事業再生・事業承継やベンチャー支援の必要の高まり」を踏まえて検討するほか、事業会社が保有可能な銀行の範囲についても「既に存在する銀行を保有する事業会社への影響に留意しつつ検討する」などと明記した。

海外競争力

  今回の提言は、海外の競合に対しても競争力強化を図るという点で特徴的だ。銀行が融資などで得た内部情報を利益相反の観点から証券部門と共有を遮断するファイアウォールは、海外事業を展開するメガ銀行グループにとって顧客利便性で足かせとなっていたが、外国法人顧客については対象除外とすることを盛り込んだ。

  みずほフィナンシャルグループの坂井辰史社長は、国境を越えた企業の合併・買収(M&A)などの際、銀行と証券が一体となった提案ができないことが外国銀行との「競争力に影響していた」と述べ、規制緩和の動きに「非常に期待している」とコメントした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE