コンテンツにスキップする

「魔法の武器」でキャンペーン仕切る中国共産党-香港実業界に圧力

  • 「政治的正しさへの要求が今ほど露骨だったことはない」との指摘
  • 習政権、毛沢東時代に創設された「統一戦線」を再興
HSBC’s Asia head Peter Wong signs a petition in support of China’s plan to impose national security legislation on Hong Kong.
HSBC’s Asia head Peter Wong signs a petition in support of China’s plan to impose national security legislation on Hong Kong. Photographer: Photo illustration: 731
HSBC’s Asia head Peter Wong signs a petition in support of China’s plan to impose national security legislation on Hong Kong.
Photographer: Photo illustration: 731

英銀HSBCホールディングスが3日、ソーシャルメディアに一枚の写真を投稿すると、香港のビジネス界に衝撃が走った。同行のアジア最高幹部ピーター・ウォン(王冬勝)氏が地下鉄駅前に置かれた折り畳み机で香港に「国家安全法」を制定する中国の方針を支持する請願書に署名している様子が写っていた。

  その数日前、中国の国政助言機関、人民政治協商会議(政協)全国委員会副主席で2017年まで香港行政長官を務めていた梁振英氏は同法を支持する発表がまだないとしてHSBCを非難していた。同氏は「政治的な問題で中国の主権や威厳、人民の感情を損ねようとする欧米諸国に従う限り、この自称英銀は中国から稼ぎを得ることはできない」とフェイスブックに投稿。事業が一夜にして中国の銀行に取って代わられることもあり得ると梁氏はコメントしていた。

  同じ頃、中国共産党は中央統一戦線工作部を中心にキャンペーンを開始している。2047年まで香港に高度の自治を保障することを定めた「一国二制度」を骨抜きにすると米英などから批判を浴びた国家安全法への支持を得るため、圧力をかける取り組みだ。   

remarks-hong-kong-inlines

国家安全法を制定するという中国の方針を支持する請願書

  梁氏のスポークスマンは統一戦線のキャンペーンに同氏は参加していないとし、そうした指摘に「驚いている」とコメント。同じく政協のメンバーであるHSBCのウォン氏と同行の広報担当者はコメントを控えた。北京の統一戦線オフィスに新法の支持を広げる取り組みへの組織的関与についてファクスでコメントを求めたが返答はなかった。

  香港で「HSBCいじめ」が目立つのは、外国に本拠を置くグローバル企業という際立つ存在感のためだ。同行の本店はロンドンにあるが、総収入の40%余りを香港と中国で稼ぎ、香港ドルを発行する3行のうちの1行でもある。 同じく香港ドルの発行銀行であるスタンダードチャータードもすぐにHSBCに追随し、国家安全法を支持する声明を出した。

  「本当に背筋が凍る」と言うアジア・ビジネス・カウンシルのエグゼクティブディレクター、マーク・クリフォード氏は 「政治的正しさへの要求が今ほど露骨だったことはない。自由で開かれたビジネスセンターとしての香港の雰囲気を変える公算が大きい」と語る。

  党の影響力拡大が統一戦線の使命だ。 1920年代に創設されると、後に初代国家主席となった毛沢東氏から共産主義革命の勝利における「法宝」(マジックウェポン=魔法の武器)として歓迎された。習近平国家主席は2015年、こうした言葉を繰り返し、統一戦線の再興に着手。それ以後、統一戦線の規模は倍近くになったとオーストラリア戦略政策研究所のアナリスト、アレックス・ジョスケ氏は分析している。

  同氏は9日に公表した統一戦線に関するリポートで、その仕事にはスパイ行為や党の狙いに沿った海外活動などが含まれると指摘。政協は党幹部とエリートを結び付ける最上級のフォーラムだという。

  ジョスケ氏のリポートを含め統一戦線に関する幾つかの報告書によれば、在外公館の外交官や国有企業幹部、名称に「友好」や「統一」といった言葉を冠した組織・団体のトップは統一戦線の仕事をしている。ジンバブエやシリア、セルビア、北朝鮮、パキスタンなどの国は、5つの中国スリランカ「友好」団体と共に、香港国家安全法を支持する声明を発表した。キューバとイラン、ロシアも中国が香港の安全を確実にすることを支援するとしている。

  香港科技大学のデービッド・ツバイク中国跨国関係研究センター主任は忠誠を誓うこと、つまり中国語で「表態」の要求は古くからの共産党のやり方で、「この種の態度表明は極めて中国的だ」と話す。ポンペオ米国務長官はHSBCに国家安全法支持を要求した中国を批判する声明で、中国皇帝の前にひれ伏す行為に由来する「kowtow」(叩頭)という言葉を用いた。

原題:Mao’s ‘Magic Weapon’ Casts a Dark Spell on Hong Kong(抜粋)

(原文は「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」誌に掲載)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE