コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米最高裁、「ドリーマー」在留措置の撤廃を阻止-トランプ氏に打撃

The U.S. Supreme Court building stands in Washington, D.C.
The U.S. Supreme Court building stands in Washington, D.C. Photographer: Stefani Reynolds/Bloomberg

幼少期に親に連れられて米国に不法入国した若者「ドリーマー」の在留を認める措置(DACA)について、米連邦最高裁判所は18日、トランプ政権が計画している撤廃を阻止した。

  今回の判断は賛成5、反対4。トランプ政権はDACAを撤廃する前に選択肢や影響を十分に検討しなかったと指摘した。DACAはオバマ前政権下で2012年に導入された制度で、67万人の不法移民を強制送還から保護している。

  リベラル派判事に加わり賛成したジョン・ロバーツ最高裁長官は、DACAの撤廃は「恣意(しい)的であり、一貫性に欠ける」として、行政機構に適用される連邦法に違反すると意見書で説明した。反対したのはクラレンス・トーマス、サミュエル・アリト、ニール・ゴーサッチ、ブレット・カバノーの4判事。

  トランプ大統領はこれを受けて、「目に余る判断であり、政治色が濃い」とツイッター投稿で怒りをあらわにし、「誇り高い共和党員や保守派を前にショットガンで銃撃を浴びせるような行為だ」と表現。さらに「最高裁は私を好きではないのだろうか。そう思わないか」と問いかけた。

原題:Supreme Court Stops ‘Capricious’ Trump Bid to Scrap Obama’s DACA(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE