コンテンツにスキップする

カーニバル、3-5月は44億ドルの赤字-クルーズ船再開のめど立たず

クルーズ船運航最大手の米カーニバルが18日発表した3-5月(第2四半期)決算は、純損益が44億ドル(約4700億円)の赤字となった。これには減損損失20億ドルが含まれる。新型コロナウイルス感染拡大を受けて停止中のクルーズ船運航については、再開のめどが立っていないことを明らかにした。

  • 減損損失を除いた調整後の純損失は1株当たり3.30ドル。アナリスト予想(同1.95ドル)より大幅な損失となった
  • 売上高は7億ドルにとどまり、前年同期(48億ドル)から急減

インサイト

  • 競合するノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングスは今週、クルーズ船の運航停止を9月末まで延長すると発表したが、カーニバルは再開の時期は全く見通せないと説明。ノルウェージャンの発表を受けてクルーズ船株は軒並み下落したが、今回のカーニバルの発表を受けて一段と下げる可能性が高い
  • カーニバルは保有船の削減に取り組んでおり、運航の再開は長い時間をかけ段階的に行われると予想している

原題:Carnival Reports $4.4 Billion Loss, Can’t Predict Return to Sea(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE