, コンテンツにスキップする

米国がウイグル人権法で中国の利益損ねるなら断固報復-外務省

  • トランプ大統領の署名で成立したウイグル人権法に反対-中国外務省
  • 新疆問題は人権や宗教を巡るものでなくテロ対策に関する問題と主張

中国外務省は18日、トランプ米大統領の署名で成立したウイグル人権法に反対するとの声明を発表した。

  米国には誤りを是正し、同法を使って中国の利益を損ね、内政に干渉するのをやめるよう求めた。そうしなければ「中国は必ず断固報復する」とした。

  外務省は新疆ウイグル自治区の問題は人権や宗教を巡るものではなく、テロ・分裂対策に関する問題だと主張した。

原題:
China Vows to Retaliate if U.S. Uses Uighur Bill to Hurt It(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE