コンテンツにスキップする

中国の香港国家安全法導入に「著しい懸念」-G7外相が共同声明

Hong Kong Protests Against New China Security Law
Photographer: Paul Yeung/Bloomberg
Hong Kong Protests Against New China Security Law
Photographer: Paul Yeung/Bloomberg

主要7カ国(G7)の外相は17日、中国政府が計画している香港への国家安全法導入で再考を求める共同声明を発表した。香港を巡り中国政権が孤立化していることを浮き彫りにすべく結束を示した形だ。

  声明は、同法が「香港の長年にわたる繁栄と成功を可能にしたシステムを損なうことになる」と指摘。「香港には、開かれた討議、利害関係者との協議、保護された権利と自由への尊重が不可欠だ」とした。

  G7外相は、中国の行動が香港市民の基本的権利と独立した司法システムを脅かしかねないことに「著しい懸念」があると表明した。

原題:
G-7 Warns China’s Moves in Hong Kong Jeopardize City’s Success(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE