コンテンツにスキップする
cojp

トランプ大統領、ウイグル人権法案に署名-中国は報復の構え

更新日時
  • トランプ氏は収容所建設を後押し-ボルトン氏が著書で暴露
  • 中国政府は断固として対抗措置取る構え-米国は誤り直ちに是正を
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Yuri Gripas/Abaca/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Yuri Gripas/Abaca/Bloomberg

トランプ米大統領は17日、ウイグル族弾圧の責任が認められる中国の当局者に制裁を科すよう政権に義務付けるウイグル人権法案に署名した。同日公表されたジョン・ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の政権暴露本の抜粋では、トランプ大統領は中国政府にウイグル人収容所の建設を後押ししたと指摘されている。

  ウイグル人権法案は大統領の署名以前から議会の超党派の幅広い支持を得ていた。中国は同自治区で100万人以上のイスラム教徒を強制収容所に拘束しており、同法によってウイグル族や他のイスラム教少数民族へのこうした弾圧の責任が認められる当局者の査証は無効となる。

  今回の署名により、人権を巡って中国に対して行動することにこれまで消極的であったトランプ大統領の姿勢変化が鮮明になった。中国政府は18日、米国が同法を進めるなら報復すると反発したが、詳細は示していない。

  中国外務省は声明で、「われわれは米国に対し、誤りを直ちに是正するとともに、同法を使って中国の利益を損ね内政干渉するのをやめるよう強く求める」とし、「そうしない場合、中国は断固として対抗措置を取る」と表明した。さらに、同法は「中国の主権と安全保障を危険にさらし、中国の民族間に不和の種をまき、新疆を不安定化させ、中国の発展を抑制する悪意ある企てをさらけ出した」と付け加えた。

  トランプ政権は新型コロナウイルス感染拡大や、香港の自由を抑制すると予想される国家安全法制の採択を巡り中国を非難しており、ウイグル人権法成立で米中関係の緊張は続きそうだ。

CHINA-POLITICS-RIGHTS-RELIGION-XINJIANG

新疆ウイグル自治区の都市カシュガルを巡回する警官(2019年6月)

  ボルトン氏の著書の抜粋によれば、トランプ大統領は2019年6月に中国の習近平国家主席に対し、ウイグル人を収容するための施設を新疆ウイグル自治区に建設するのを推進すべきだと伝えた。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)に掲載された抜粋には、「習主席は強制収容所を新疆に建設する理由をトランプ氏に説明した。われわれの通訳によると、トランプ氏は収容所建設を全く正しいことだと考え、習主席に進めるべきだと話した」と記されている。

  ペロシ下院議長は同法成立について、ウイグル人が受けた虐待を「われわれはよく認識しているという明確なメッセージを中国政府に送ることになる」と指摘した。

原題:Trump Signs Rebuke of China Over Muslims Amid Bolton Book Claims (抜粋)

(中国側の反応を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE