, コンテンツにスキップする
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America
cojp

ファミリーオフィス、米国が最も高報酬-年収4250万円以上が多数

NEW YORK, NEW YORK - MARCH 18: Dawn breaks over Manhattan as the city struggles to contain the number of coronavirus cases on March 18, 2020 in New York City. Across the city businesses, schools and places of work have been shutting down leading to empty streets and quiet neighborhoods. New York City mayor Bill de Blasio has threatened to call for a 'shelter-in-place' order as Manhattan continues to see a rise in cases of the virus. World wide, 200,000 people have now contracted COVID-19. (Photo by Spencer Platt/Getty Images)
Photographer: Spencer Platt/Getty Images North America

米国のファミリーオフィスの経営陣は総じて高報酬であることが分かった。

  人材紹介会社アグレウス・グループのリポートによると、米ファミリーオフィスには、年収が39万6000ドル(約4250万円)以上の経営幹部の数が最も多かった。最高経営責任者(CEO)のほぼ40%、最高投資責任者(CIO)の3分の1、そして最高執行責任者(COO)の25%程度が39万6000ドル以上を得ていた。

  アジア太平洋地域のファミリーオフィスのCEOで同水準以上の年収を得ているのは約36%、欧州と南米、アフリカでは4分の1以下だった。アグレウスはファミリーオフィスの専門職の671人を対象に調査した。

  ロンドンを本拠とするアグレウスの米市場担当プレジデント、タイヤブ・モハメド氏は「高報酬を求めるなら米国だ」と述べ、米国のファミリーオフィスで働く人材は銀行や経営コンサルタントから移ってくる者が多く、こうした職種は既に高報酬だと説明した。

原題:
U.S. Family Offices Lead Global Pay Ranks With $396,000 Salaries(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE