コンテンツにスキップする

【新型コロナ】世界の感染800万人突破-今後インドで急増との予測も

更新日時
  • 中国が15兆円相当の特別国債、新型コロナ対応-関係者
  • インドの感染者数は来月半ばに80万人突破-米ミシガン大が予想
A pedestrian wearing a protective mask walks in downtown Dallas, Texas on Wednesday, May 27, 2020. 

A pedestrian wearing a protective mask walks in downtown Dallas, Texas on Wednesday, May 27, 2020. 

Photographer: Cooper Neill/Bloomberg
A pedestrian wearing a protective mask walks in downtown Dallas, Texas on Wednesday, May 27, 2020. 
Photographer: Cooper Neill/Bloomberg

新型コロナウイルスの世界の感染者数は800万人を突破した。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計データで示されたもので、死者数は43万6000人を上回った。

  中国国家衛生健康委員会は16日、確認された感染症例が15日に40件増えたと発表した。本土の感染症例は新たに32件。北京で27件、河北省で4件、四川省で1件が報告された。北京日報によれば、北京市は新型コロナに感染した危険性が高いと判定された人々が市外に出ることを制限する。

  事情に詳しい関係者によれば、中国は7月末までに1兆元(約15兆円)相当の特別国債を発行する。調達した資金は新型コロナウイルス感染拡大による影響への対応に充てるという。

  インドはロックダウン(都市封鎖)の段階的解除を進めるが、感染者数が来月半ばに80万人を超え、現在の3倍近くに達すると米ミシガン大学のデータ研究グループは予測している。

新型コロナ関連記事

  ニュージーランドでは、5月22日以来となる新たな感染症例2件の報告があった。同国保健省によれば、この2件は関連性があり、最近の英国からの渡航によるものという。

2020-coronavirus-cases-world-map-inline

  テキサス、フロリダ、アリゾナ、ノースカロライナなど米国の一部の州では新型コロナの新規感染者が急増しており、経済活動再開の取り組みを阻害しかねない状況となっている。

  米ニューヨーク州のクオモ知事は15日、州内の自治体当局に対し、経済活動再開を進めるに当たり社会的距離の指針を守るよう呼び掛けた。同知事によれば、州内の1日当たりの新型コロナ新規感染者と入院者、死者は引き続き減少している。こうした数字が増加に転じる地域があれば、再開の段階を戻す必要があると同知事は述べた。

  米食品医薬品局(FDA)は15日、トランプ大統領が新型コロナ感染症(COVID19)の治療薬として推奨している抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」と「クロロキン」について、「COVID19の治療に効果がある可能性は低い」とし、緊急使用許可(EUA)を取り消した。

FDA、マラリア薬の使用許可撤回-コロナ治療でトランプ氏推奨

  英国では15日からイングランドの生活必需品以外の小売店が営業を再開した。これら店舗は3月から休業していた。

  シンガポールは新型コロナの国内の感染拡大を抑制できたと判断し、社会的距離の指針を守りつつ、大半の経済活動を19日から再開すると発表した。

  全米の新型コロナ感染者数は15日午後の時点で、前日から1万9244人(0.9%)増加し210万人に達した。増加率は過去1週間の平均である1.1%を下回った。ジョンズ・ホプキンス大とブルームバーグ・ニュースの集計データで明らかになった。

原題:U.K. Jobless Claims Soar; U.S., China to Spend Big: Virus UpdateVirus Cases Continue to Rise, Undermining States’ Reopening (1)、(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE