コンテンツにスキップする
Subscriber Only

れいわ・山本太郎代表が都知事選出馬を表明-東京五輪の中止公約

更新日時
  • 全都民への10万円給付、都債を積極発行-新型コロナ対策
  • 東京五輪中止で費用と人的資源は別分野へ振り向け

れいわ新選組の山本太郎代表は15日午後の記者会見で、任期満了に伴う東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)への出馬を表明した。来年に延期された東京五輪・パラリンピックの中止などを公約に掲げた。

  山本氏(45)は新型コロナウイルスのワクチンや特効薬がない中で、五輪を必ずやるという前提で都政を進めれば判断を間違えると指摘。開催都市として中止を決定し、費用や人的資源を別の分野に振り向けるべきだとの考えを示した。都債を積極的に発行し、全都民への10万円給付など新型コロナ対策を含め、「東京都オリジナルで大胆な財政支出を行っていく」とも語った。 

  都知事選には現職の小池百合子知事のほか、元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏、熊本県の小野泰輔・前副知事らが既に立候補を表明。立憲民主党は宇都宮氏を支援する方向だが、国民民主党の玉木雄一郎代表は応援や推薦をしない方針を示していた。小野氏に対しては、日本維新の会が推薦を決定した。小池氏は政党からの推薦は受けない考えを明らかにしている。

(山本氏の記者会見での発言を追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE