コンテンツにスキップする

米アトランタで警官が黒人男性を射殺、地元警察トップが辞任

  • 「正当な武器の行使とは思わない」とアトランタ市長
  • ジョージ・フロイドさんの死をきっかけとした抗議活動続く

米ジョージア州アトランタで12日夜、ハンバーガー店「ウェンディーズ」のドライブスルーで飲酒運転の取り締まりを行っていた警官が黒人男性を射殺する事件が発生した。地元警察のエリカ・シールズ本部長は13日、この事件を受けて辞任した。アトランタ市のケイシャ・ランス・ボトムズ市長は記者団に「正当な武器の行使とは思わない」と述べた。

  殺害されたのはレイシャード・ブルックスさん(27)で、自分の車の中で眠っていた。飲酒検査でアルコールが検出されたという。事件を撮影した携帯電話の映像によると、ブルックスさんは警官2人ともみ合いとなり、その後逃走しようとした際に射殺された。

  

  ミネソタ州で黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警官の暴行を受けて死亡した事件をきっかけに世界に拡大した抗議活動は13日も続いた。

  米国では前週末の過去最大規模に膨れ上がったデモほどではなかったが、ホワイトハウスの近くに人々が再び集結するなどの行動が見られた。ニューヨーク州のクオモ知事は13日、抗議活動の参加者らに「あなたたちは勝った」と述べるとともに、全ての州における警察改革への取り組みに協力を促した。

原題:
Atlanta Police Chief Resigns After Fatal Shooting: Protest Wrap(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE