, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

【新型コロナ】中国の感染者急増-IMF、世界経済見通しを再修正へ

更新日時
  • 北京市当局、新型コロナウイルス検出の食品市場を閉鎖
  • 世界の感染者は770万人を超え、死者は42万8000人を突破

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

中国での新型コロナウイルス感染者数は13日、57人と4月中旬以降で最多となった。感染者の大半は北京で確認された。北京市当局は新型コロナが検出された市内の一部の食品市場を閉鎖した。

北京市、食品卸売市場を閉鎖-集団感染か、45人が陽性反応

  国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、今年の世界経済見通しをさらに下方修正することになるとの予想を示した。同専務理事が13日行った演説がIMFのウェブサイトに掲載された。

 米国の新たな感染者は東部時間13日夕の時点で前日から1.4%増えて累計で206万人となった。ジョンズ・ホプキンス大学とブルームバーグ・ニュースの集計データによると、1日当たりの増加率は過去1週間の平均1.1%を上回り、6月に入ってからでは最も高い。死者数は0.8%増の11万5059人となった。

  ブラジルの感染者数は2.6%、死者数は2.1%それぞれ増加したが、全体としては前日を下回った。

  英製薬会社アストラゼネカとオランダ、ドイツなど欧州4カ国は13日、同社とオックスフォード大学が開発を進めている新型コロナワクチンを最大4億回分、これら4カ国に供給することで合意したと発表した。米ファイザーの最高経営責任者(CEO)は、ワクチンが10月までに投入の準備が整うとの見通しを示した。

  世界保健機関(WHO)の報告によると、13日の早い時間までの24時間で新たに世界で4万2672人(4.5%増)の感染が確認された。新規感染者数は3日連続で12万人を超えた。WHOによれば、新規感染者の約40%はブラジルを中心とする中南米諸国で確認されている。

  世界の感染者数は770万人を超え、死者数は42万8000人を突破した。  

2020-coronavirus-cases-world-map-inline
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE