コンテンツにスキップする
Subscriber Only

香港当局、ペッグ防衛で6日連続香港ドル売り介入-2014年以来最長

  • HKMAが12日実施した香港ドル売りは14億3400万香港ドル規模
  • 4月に介入を開始してからの総額は494億5000万香港ドル

香港金融管理局(HKMA、中央銀行に相当)は香港ドルと米ドルのペッグ(連動)制防衛を図るため6営業日連続で香港ドル売り介入を実施した。この期間は2014年以来で最長となる。

  HKMAが12日に実施した香港ドル売りは14億3400万香港ドル(約199億円)規模。4月に介入を開始してからの総額は494億5000万香港ドルに達した。

  米ドルとの金利差や中国企業の株式売り出しに対する需要、当局の検査に向けた銀行の現金確保を背景に香港ドル相場は高水準にある。

関連記事
香港ドル軟調-ペッグ防衛で金融管理局が10日に香港ドル売り
香港当局、215億円相当の香港ドル売り介入-米ドル・ペッグ防衛で

原題:
Hong Kong Defends Dollar Peg for 6th Day, Longest Run Since 2014(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE