コンテンツにスキップする
Subscriber Only

米パランティアが数週間内にIPO申請か、今秋上場の可能性-関係者

ビッグデータ解析を手掛ける米パランティア・テクノロジーズは向こう数週間内に新規株式公開(IPO)に向けた申請を行う計画で、今秋にも上場する可能性がある。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  非公開情報であることを理由に関係者が匿名で語ったところでは、カリフォルニア州パロアルトに本社を置く同社は、米証券取引委員会(SEC)にIPO申請書類(S1)を提出する準備をひそかに進めている。

  関係者によれば、同社はIPOに先立ち、資本構造の改善を図る個人株主向け公開買い付けで複数の銀行と共に作業しているほか、IPO準備のコンサルタントの協力も得ている。

  パランティアが今回のIPOで自社についてどの程度の価値評価を目指すかは分かっていない。2015年時点で同社の企業価値は200億ドル(現在のレートで約2兆1400億円)と評価されていた。

  最終決定は下されておらず、計画が変更される可能性もある。同社の担当者はコメントを控えている。

原題:
Palantir Is Said to File IPO in Weeks For Possible Fall Debut(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE