コンテンツにスキップする
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg
cojp

個人投資家、破産申請企業や予備軍の株に殺到-ハーツなどの株価急伸

  • ホワイティング・ペトロリアム株やチェサピーク株も値上がり
  • 投資アプリ「ロビンフッド」でこれらの株を保有するユーザーが増加
Vehicles sit parked at a Hertz Global Holdings Inc. rental location at Blue Grass Airport in Lexington, Kentucky.
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

ここ1週間に投資アプリ「ロビンフッド」で9万6000人が米レンタカー会社ハーツ・グルーバル・ホールディングス株のポジションを開始した。また、米石油生産会社ホワイティング・ペトロリアムの株を保有するユーザーの数は過去24時間で約1万人増加した。

  両社には共通点が2つある。連邦破産法11条に基づく会社更生手続きを申請したことと、いずれの株価も今週初めに約2倍に値上がりしたことだ。

  破産申請の可能性に向けて準備している米石油会社チェサピーク・エナジーも週初めに急伸した。過去には、破産申請によって株主の利益は通常帳消しとなった。しかし、小口のデイトレーダーが一攫千金のチャンスを狙う今日では、破産申請は明らかに多くのトレーダーにとって買いシグナルとなっている。個人投資家の行動が株価を動かす決定的要因になっている形跡がある。

  MAIキャピタル・マネジメントのチーフ株式ストラテジスト、クリストファー・グリサンティ氏は「個人投資家に大きな原因がある。機関投資家がこの種の株を買うのは見たことがないように思う」と指摘。「リスクがあまりにも大き過ぎる。まさに『落ちてくるナイフをつかむ』ようなものだ」と述べた。

Shares of stocks in or on the verge of bankruptcy soar

原題:Hundreds of Thousands of Tiny Buyers Swarm to Insolvency Stocks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE