コンテンツにスキップする

フランス、航空産業に150億ユーロの救済策-航空需要激減で窮地

  • 航空関連の新規受注は干上がり、機器やサービスの売り上げ急減
  • 今後6カ月間で業界10万人の雇用が脅かされる-ルメール財務相

フランス政府は9日、航空産業の救済策を発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID19)拡大で大きな打撃を受けた航空機メーカーのエアバスやサプライヤーを支援するため大規模な資金を投入する。

  ルメール経済・財務相が発表した救済策は150億ユーロ(約1兆8200億円)規模に上り、航空機の新規受注の一部を対象とした輸出保証や資金支援、さらに企業の人件費を軽減する一助として政府が賃金の一部を肩代わりする制度の延長などが盛り込まれている。

  エアバスやフランスのサプライヤー数百社は、新型コロナ感染拡大を防止する一連の対策によって著しい打撃を受けている。航空関連の新規受注は干上がり、航空会社の運休や減便で機器やサービスの売り上げが急減した。

  フランスの航空産業は約30万人を雇用しており、年間売上高は580億ユーロに上る。

  ルメール氏は「航空産業を救済しなくてはならない」と述べた上で、今後6カ月間で10万人の雇用が脅かされると指摘。航空産業の回復は非常に遅い可能性が高いとの見方を示した。

原題:France Earmarks $17 Billion for Ailing Aerospace Industry (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE