コンテンツにスキップする

アマゾンのベゾス氏にヘイトメール、「黒人の命は大切」への支持表明後

  • 人種差別的なメールのスクリーンショットをインスタグラムで公開
  • 「この種のヘイトが陰に隠れることを許すべきでない」とベゾス氏
ジェフ・ベゾス氏

ジェフ・ベゾス氏

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
ジェフ・ベゾス氏
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

アマゾン・ドット・コムの創業者、ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は、米ミネソタ州の白人警察官による黒人男性暴行死事件に抗議する「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命は大切)」運動への支持を公に表明した後、不快だが意外ではない反応を幾つか受け取ったことを明らかにした。

  ベゾス氏は7日、抗議行動への同氏の支持を理由にアマゾンでの買い物をやめると脅迫する人物から受け取ったという冒瀆(ぼうとく)的で、人種差別的な電子メールのスクリーンショットをインスタグラムに投稿した。

  「この種のヘイト(憎悪)が陰に隠れることを許すべきでない。可視化することが重要だ。これは問題のほんの一例にすぎない。デーブ、あなたのような種類の顧客を失うことをうれしく思う」とベゾス氏はコメントを添えた。

  黒人男性ジョージ・フロイドさんの死で露呈した警察の暴力と人種差別の問題に声を上げるテクノロジー企業の経営幹部が相次いでおり、ベゾス氏もこの流れに加わった。

  ネットメディア会社レディットの共同創業者アレクシス・オハニアン氏は取締役会を退き、黒人の候補を後任に充てるよう求めた。マイクロソフトのサティア・ナデラCEOも最近数日のツイッターのフィードを使い、黒人社員らの意見をハイライトした。

原題:Bezos Decries ‘Sickening’ Answer to Black Lives Matter Post (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE