コンテンツにスキップする
cojp

北朝鮮が韓国との通信連絡手段を完全に遮断-ビラ散布に反発か

更新日時
  • 韓国が敵対行為をたくらんだためだ-朝鮮中央通信
  • 通信ラインは南北合意に沿って維持されるべきだ-韓国統一省
People watch a television broadcast reporting an image of Kim Jong-un during a news program. 

People watch a television broadcast reporting an image of Kim Jong-un during a news program. 

Photographer: Chung Sung-Jun/Getty Images AsiaPac
People watch a television broadcast reporting an image of Kim Jong-un during a news program. 
Photographer: Chung Sung-Jun/Getty Images AsiaPac

北朝鮮は9日、南北共同連絡事務所などを通じて維持してきた韓国との公式な通信連絡手段をこの日正午から完全に遮断し廃棄すると表明した。国営朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。これには金正恩朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領を直接結ぶホットラインも含まれる。

  KCNAが伝えた談話は連絡手段を断つ理由として、韓国当局が北朝鮮に対する敵対行為をたくらんだためだと説明。韓国の脱北者団体が金正恩委員長を非難するビラを北朝鮮に向けて散布したことに反発したとみられる。

  談話によると、金英哲党副委員長と、金委員長の妹である金与正党第1副部長が韓国との「全ての通信連絡線を完全に遮断」するよう指示した。

NKOREA-SKOREA-DIPLOMACY-OFFICE

開城の南北共同連絡事務所の開所式(2018年9月)

Photographer: AFP via Getty Images

  北朝鮮は以前、開城にある南北共同連絡事務所の閉鎖を含む措置を取ると表明していた。これら連絡網は数回におよぶ南北首脳会談を経て2018年に設置されていた。

応答なし

  韓国国防省の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は9日のソウルでの記者会見で、北朝鮮がこの日、南北の軍当局間の通信ラインを通じた韓国からの電話連絡に応答しなかったことを明らかにした。こうした事態は18年に南北間の通信チャンネルが再開された後では初めて。

  韓国統一省は記者団へのテキストメッセージで、「南北間の通信ラインは基本的な連絡手段であり、南北合意に沿って維持されるべきだ」とコメントした。

原題:North Korea Cuts Off Communications With Seoul Over Leaflets (2)(抜粋)

(韓国の国防省と統一省のコメントを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE