コンテンツにスキップする
Subscriber Only

トランプ大統領、より穏やかな警察の戦術を議論へ-姿勢変化を示唆

  • トランプ大統領も政権当局者も警察改革の具体案は示さず
  • トランプ氏は以前、警官は容疑者に「親切にしすぎるな」と発言
People walk down 16th street after “Defund The Police” was painted on the street near the White House on June 08, 2020 in Washington, DC.

People walk down 16th street after “Defund The Police” was painted on the street near the White House on June 08, 2020 in Washington, DC.

Photographer: Tasos Katopodis/Getty Images North America

トランプ米大統領は8日、白人警官による黒人暴行死事件への抗議活動に対応し、警察の戦術を刷新するためのアイデアを議論すると述べた一方で、警察の予算打ち切りを求める活動家の要求を巡り民主党を批判した。

  トランプ大統領も政権当局者も同日は、警察の行動への具体的改革案を示さなかった。ホワイトハウスは議会民主党が同日提出した広範囲にわたる警察改革法案の中心的条項を拒否した。

  大統領はミネソタ州ミネアポリス警察に拘束された黒人のジョージ・フロイドさんの死をきっかけに全米に広がった抗議デモに対し「法と秩序」のアプローチを求めてきた。しかし、再選を賭けた今年の大統領選挙で対抗馬となる民主党のバイデン前副大統領は最近、全米世論調査や主要激戦州の調査で大きくリードを広げ、警察に殺害された黒人の遺族や抗議参加者に同情の念を示している。

  トランプ大統領はホワイトハウスで開かれた法執行当局指導者との円卓会議で、「どうすればもっとうまく対応できるか、できればもっと穏やかに対応できるか、アイデアを議論していくつもりだ」と語った。

  これは過去に警察の手荒な戦術を支持していたトランプ大統領の姿勢変化を示す発言だ。同大統領は2017年7月にニューヨークで行ったスピーチで、逮捕された容疑者に警官は「親切にしすぎるな」と述べていた。

原題:
Trump Says He’ll Look Into Gentler Police Tactics(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE