コンテンツにスキップする
Subscriber Only

OPECプラス、減産1カ月延長で合意-サウジ・ロシアの勝利に

  • イラクとナイジェリアは減産不履行分を埋め合わせへ
  • サウジ・エネルギー相、最悪期を脱した多くの兆候と発言

石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」は6日、ビデオ会合で、歴史的規模の協調減産を7月末まで延長するとともに、減産割り当ての履行でより厳しいアプローチを取ることで合意した。

  参加国代表によれば、各国は7月に減産量を日量960万バレル規模とすることを承認。メキシコが7月に供給制限を停止するため、減産量は6月の日量970万バレルを10万バレル下回る。ただ、当初予定されていた7月の日量770万バレルに比べると、減産幅は拡大する。
  
  またコミュニケによると、5月と6月に減産割り当ての履行が100%でなかった参加国は7-9月に埋め合わせのために一段の減産を実施する。

  今回の合意はイラクやナイジェリアなど減産が不十分だった国々に対し、履行を約束させることに成功したサウジアラビアとロシアにとって勝利と言える。

  サウジのアブドルアジズ・エネルギー相は「われわれ全体の取り組みが実を結んだ。多くの不確実性にもかかわらず、最悪期を脱した勇気付けられる多くの兆候がある」と指摘。「石油の主要消費国が新型コロナウイルスに伴うロックダウン(都市封鎖)を切り抜け、需要が回復しつつある」と語った。

  参加国代表はOPECプラスが今月18日に共同閣僚監視委員会(JMMC)を開く予定で、必要なら減産の一段の延長を勧告する可能性があると述べた。コミュニケによれば、同委は12月まで毎月開催される。

  参加国代表によると、OPECプラスの次回閣僚会合は11月30日-12月1日の予定。コミュニケは会合が必要となればいつでも開かれる公算があるとしている。

原題:
OPEC+ Extends Oil Cuts in Win for Saudi-Russian Alliance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE