コンテンツにスキップする

破産申請した米ハーツの株価急騰、コロナ後回復に投資家は大きな賭け

2週間前に連邦破産法11条の適用を申請した米レンタカー会社、ハーツ・グローバル・ホールディングスの株価が5日の米株式市場で急騰。新型コロナウイルス禍からの回復への期待で買われる極端な例となった。

  ハーツ株は取引開始から間もなく、前日比147%上昇し3.70ドルとなった。前日も航空旅行需要回復の兆候を追い風に、同社と同業エイビス・バジェット・グループ急伸していた。

  ハーツは、自動車オークションでの中古車価格が4月中旬の大幅な落ち込みを経て回復していることの恩恵も受けそうだ。調査会社のJDパワーは4日、先週の中古車価格が新型コロナ前の予想を上回ったと報告した

Car-Price Comeback

Wholesale auto prices come all the way back from collapse

Source: J.D. Power

  こうした前向きな材料がある中でも、ハーツの株主が背負うリスクは依然大きい。米連邦破産法では債権者への全額返済が優先されるため、株主が投資を回収する例は極めてまれだ。

  ハーツ株に買いを入れている投資家は、中古車価格の急速な回復で同社保有車両の価値が維持され、株主への弁済分がいくらか残る可能性に賭けているのだろうと、ジェフリーズのアナリスト、ハムザ・マザリ氏はみる。しかしオプション市場は「90%の確率で」同社株が再び50セント以下に沈む可能性を示しているとして、投資家の思惑通りにはいかなそうだと電子メールで指摘した。

原題:Hertz’s Possibly Worthless Stock Soars in Risky Recovery Bet (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE