コンテンツにスキップする
cojp

ズーム株、上場後に484%上昇-ほぼ無名の初期投資家にも富もたらす

  • サミュエル・チェン氏は約10年前に最初にズームに投資
  • 台湾の投資家チェン氏はインク取引で最初の富を築いた
relates to ズーム株、上場後に484%上昇-ほぼ無名の初期投資家にも富もたらす

Photographer: Gabby Jones/Bloomberg

relates to ズーム株、上場後に484%上昇-ほぼ無名の初期投資家にも富もたらす

Photographer: Gabby Jones/Bloomberg

金融業界や実業界の大物が、米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズへの投資で富を得た。香港の富豪の李嘉誠氏、タイガー・グローバル・マネジメントのチェース・コールマン氏、そして言うまでもなく、ズームの創業者エリック・ユアン氏だ。ユアン氏の純資産は107億ドル(約1兆2000億円)に増加した。

  そして、ほぼ無名の台湾の投資家、サミュエル・チェン氏もそうだ。同氏はインク取引を通じて最初の富を築き、約10年前にズームに投資し始めた。

  チェン氏率いるデジタル・モバイル・ベンチャーは、ズームの初期の資金調達ラウンドに参加。3月末の開示以降に持ち株を売却していないと想定すると、16億ドル相当のズーム株を保有している。ズーム株は昨年の新規株式公開(IPO)以降に5倍余りに上昇している。

原題:
Zoom’s 484% Surge Gives Little-Known Early Investor a Fortune(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE