コンテンツにスキップする
cojp

シティ、富裕顧客は現金保有し過ぎと指摘-「投資先はたくさんある」

  • 中小型株や新興市場へのエクスポージャーを増やすことを推奨
  • 一部顧客はコアポートフォリオの最大35%を現金で保有
The silhouette of a pedestrian holding a mobile device is seen walking past a Citigroup Inc. bank branch in San Francisco.
The silhouette of a pedestrian holding a mobile device is seen walking past a Citigroup Inc. bank branch in San Francisco. Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
The silhouette of a pedestrian holding a mobile device is seen walking past a Citigroup Inc. bank branch in San Francisco.
Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

シティグループのプライベートバンク部門の富裕層顧客はあまりにも多額の現金を保有しており、ポートフォリオの大幅な変更が必要だ。シティ・プライベート・バンクの最高投資責任者(CIO)、デービッド・ベイリン氏はこう指摘した。

  同社は4日、2020年中間見通しのリポートを公表。債券はもはや株に対する自然なヘッジではなく、中小型株や新興市場の株と債券への長期的なエクスポージャーを高めることで分散投資を行うことが必要と分析した。同リポートによると、プライベートバンクの一部顧客はコアポートフォリオの最大35%を現金で保有している。

  ベイリン氏は電話インタビューで、「投資先はたくさんある」と指摘。リポートで示した見通しの全体像は、「短期間の非常に深刻な世界的リセッション(景気後退)」の後に世界の経済活動の急激な反発と「部分的でまばらな回復」が来るというものだと説明した。

  同リポートによるとシティは、世界の中小型株の10年間リターン予測を11.6%と今年初めの9.2%から変更。世界の新興市場債のリターン予測は4.7%から6.2%に、世界の新興市場株の予想は10.9%から11.7%に引き上げた。

原題:Citi Says Wealthy Clients Are Holding Too Much Cash, Time to Buy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE