コンテンツにスキップする
Subscriber Only

【今朝の5本】仕事始めに読んでおきたいニュース

  • ECBパンデミックプログラム拡大、米政権の次回対策最大1兆ドル
  • 新規失業保険申請200万件下回る、米貿易統計、米イラン囚人交換
TOPSHOT - A stomped flower lies on the ground in front of US Army National Guard soldiers as protester demonstrate the death of George Floyd near the White House on June 3, 2020, in Washington, DC.

TOPSHOT - A stomped flower lies on the ground in front of US Army National Guard soldiers as protester demonstrate the death of George Floyd near the White House on June 3, 2020, in Washington, DC.

Photographer: JIM WATSON/AFP

5000億ユーロの増額と予想されていたECBのパンデミック緊急プログラム。ラガルド総裁らが選んだのは6000億ユーロ増でした。米国の次の経済対策も最大1兆ドル規模と伝わっています。新型コロナ対策で既に巨額の資金を投じている各国・地域は、追加策でも見劣りしないように競っているようです。以下は一日を始めるにあたって押さえておきたい5本のニュース。

まだ使い切っていないが

欧州中央銀行(ECB)は新型コロナ危機への対応を強化し、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の購入額を6000億ユーロ(約73兆5000億円)増やすとともに、少なくとも2021年6月末まで継続する。3月に発表したPEPPの購入額7500億ユーロのうち3分の1程度しか費やしていないにもかかわらず増額に踏み切ったことは、ECBが市場の落ち着きを保つために迅速かつ大規模な行動を取る決意であることを示している。

今週の会合自体は見送り

トランプ米政権の当局者らは次回の経済対策を最大1兆ドル(約109兆円)規模と見込んでいる。ただ、これを話し合うために今週予定していた会合は見送られた。関係者が明らかにした。ホワイトハウスは、全米に広がった警察の暴力に抗議するデモへの対応に追われている。共和党のマコネル上院院内総務はホワイトハウス当局者に対し、議会が提出する次回の経済対策は1兆ドル弱になるだろうと伝え、ホワイトハウス側もその数字に異論はない姿勢だったという。

200万件を下回る

米国の先週の新規失業保険申請件数は188万件と、前週比での減少傾向が続いた。新型コロナ感染拡大に伴う大量のレイオフが始まった3月中旬以降、200万件を下回るのは初めて。なお高水準だが、全米で経済活動再開が進むにつれて雇用喪失ペースが鈍化しつつあることを映している。

縮小する貿易

4月の米貿易統計によると、財とサービスを合わせた輸出入の総額が2010年以来、ほぼ10年ぶりの低水準に落ち込んだ。パンデミックに伴う需要減や物流混乱が影響した。輸出は前月比20.5%減と、統計でさかのぼれる1992年以来最大の減少率。輸入は13.7%減で、同じく92年以降で最大の落ち込みとなった。

米国・イラン間で

イランで2018年から拘束されていた米海軍退役軍人のマイケル・ホワイト氏が4日に解放され、米国への帰途についている。ホワイト氏の家族の広報担当者が明らかにした。米国は2日、拘束していたイラン人科学者を国外追放にした。囚人交換とみられる今回の措置は、米国とイランの外交を示す珍しいケースとなった。

その他の注目ニュース

野村の米部門、ウルフ・リサーチとの合弁を協議-関係者

アメリカン航空、7月は現行より74%増便へ-旅行需要が急回復

新型コロナによる市場の混乱、ヘッジファンドに原因の一端-英中銀

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE