, コンテンツにスキップする

HSBCとスタンダードチャータード、香港「国家安全法」支持

更新日時
  • HSBC香港のピーター・ウォン副会長兼CEOが支持書に署名
  • 英政府は国家安全法に反対、最大300万人の香港市民に道開くと約束
Peter Wong

Peter Wong

Photographer: Andrew Redington/Getty Images
Peter Wong
Photographer: Andrew Redington/Getty Images

英銀HSBCホールディングススタンダードチャータードは3日、中国政府が香港での施行を準備している「国家安全法」への支持を相次ぎ表明した。

  HSBCのアジア地域最高幹部であるピーター・ウォン(王冬勝)香港上海銀行(HSBC香港)副会長兼最高経営責任者(CEO)は、国家安全法を支持する文書に署名したと、同行がソーシャルメディアの「微信(ウィーチャット)」で明らかにした。「一国二制度」の原則下で香港の社会的秩序を安定させ、経済を再び活性化させる規制を支持するとしている。

  ウィーチャットに「香港の回復と経済再建を可能にする法律および規制を尊重し、支持することをあらためて表明する」と投稿。HSBCがこの件で見解を示すのは今回が初めて。

  スタンダードチャータードは電子メールで、国家安全法が香港の「長期の経済・社会的安定の維持に寄与」し得るとコメント。「一国二制度の原則は香港の将来的な成功の中核であり、常に実業界の信頼の基盤となっている」と説明。「最終的な法律の条項が一段と明確になり、香港が経済・社会的安定を維持することができるよう望んでいる」と表明した。

  同行は全収入の4分の1余りを香港で稼ぐ。HSBC同様に、ロンドンに加え、英国から中国に1997年に返還された香港でも株式を上場している。

  中国政府を支持する企業は他にも複数あるが、両行は微妙な立場に置かれている。利益の大半をアジア地域で稼ぐ一方で、本店はロンドンにあり、英政府は国家安全法の制定に反発しているからだ。

英国を新天地に、ジョンソン首相が香港市民300万人に道開くと約束

原題:HSBC, StanChart Defy U.K. to Endorse Hong Kong Security Law (1)Hong Kong’s Two British Banks Back Beijing in Security Law Fight(抜粋)

(スタンダードチャータードのコメントを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE