コンテンツにスキップする

OPECプラス会合開催が不透明に、一部が減産規模で不正-関係者

  • サウジとロシア、イラクとナイジェリアに完全な減産履行迫る
  • ロシア大統領府報道官、OPECプラス会合開催の有無に回答せず

今月初めに予定されていた石油輸出国機構(OPEC)と非加盟主要産油国による「OPECプラス」の会合開催が暗礁に乗り上げた。一部の国が減産規模をごまかしているとして、OPECプラスで中心的なサウジアラビアとロシアが厳しい姿勢を示した。

  サウジとロシアはOPECプラス参加各国に対し、イラクやナイジェリアなど一部の国が割り当てられた減産の実行を確約しないのであれば、今月上旬に予定されていた協調減産の延長に関する会合は実現しない可能性があると通告した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  現在の合意内容に変更がなければ、OPECプラスは7月から協調減産の緩和を始める。

  ロシア大統領府のペスコフ報道官は電話記者会見で、プーチン大統領がOPECプラス関連で電話会議を行う予定はないと言明。OPECプラス会合が今週か来週に開催されるのかどうかの質問には、コメントを避けた。

原題:OPEC+ Meeting in Doubt Due to Dispute Over Oil-Quota Cheating(抜粋)

Putin Has No Plans Now for Phone Talks on OPEC+: Kremlin(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE