, コンテンツにスキップする
Subscriber Only

スウェーデン、もっと対応必要だった-新型コロナ対策指揮した疫学者

  • 採用した戦略はあまりにも多数の死者出したと初めて公の場で認める
  • スウェーデンの死亡率、10万人当たり43人と世界でも最悪クラス

スウェーデン政府の新型コロナウイルス対策を指揮してきた疫学者アンデシュ・テグネル氏は、国内の感染流行が始まった時点でもっと多くのことをすべきだったとの認識を示した。

  テグネル氏は同国のラジオとのインタビューで、「今持っている同じ知識で同じ病気に見舞われた場合、われわれの対応はスウェーデンが行ったことと他国が実施したことの間のどこかにあると思う」と述べた。

SWEDEN-HEALTH-VIRUS

アンデシュ・テグネル氏

フォトグラファー:Pontus Lundahl / AFP via Getty Images

  同国の新型コロナ対策は物議を呼んでいる。50人を超える集まりは引き続き禁止されているものの、外食や買い物、ジムに行くことは感染拡大の期間を通じて認められていたし、16歳未満の子どもの学校も閉鎖されなかった。

  ウイルス拡散阻止のためのこうした緩めのアプローチを巡り、外国では賛否が分かれているが、スウェーデンの死亡率は10万人当たり43人と世界でも最悪クラスで、感染拡大当初から極めて厳格なロックダウン(都市封鎖)を講じた隣国のデンマークとノルウェーよりはるかに高い。

   採用した戦略があまりにも多数の死者を出す結果になったとテグネル氏は初めて公の場で認め、「スウェーデンでわれわれがやってきたことに改善の余地があるのは明らかだ」と話した。

原題:Man Behind Sweden’s Virus Strategy Says He Got Some Things Wrong(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE