, コンテンツにスキップする

東京アラートを初めて発動、新型コロナ感染者増で-小池都知事

更新日時
  • 休業要請緩和のステップは変更せず、事業者には感染防止対策徹底を
  • 2日の新規感染者数は34人、5月14日以来の30人台に
Pedestrians wearing protective masks cross a street in the Yurakucho district of Tokyo, Japan.

Pedestrians wearing protective masks cross a street in the Yurakucho district of Tokyo, Japan.

Photographer: Noriko Hayashi/Bloomberg

東京都は2日、新型コロナウイルスの感染拡大について都民に警戒を呼び掛ける「東京アラート」を初めて発動した。同日の新規感染者数が34人となったことを受け、夜の対策本部で決定。休業要請の緩和は変更しないが、小池百合子知事は徹底した感染防止対策を求めた。

  小池都知事は対策本部後の記者会見で、「夜の街、三密などには十分注意してほしい」と都民に呼び掛けた。1日から「ステップ2」に移行し、スポーツジムや映画館なども再開が可能となった休業要請の緩和については「ステップ2から1に戻るというものではないが、ガイドラインに沿って徹底した感染症対策をやってほしい」と述べた。

JAPAN-HEALTH-VIRUS

赤く点灯されたレインボーブリッジ(2日)

Photographer: PHILIP FONG/AFP via Getty Images

  東京都で1日当たりの新規感染者数が30人以上となるのは5月14日の30人以来で、約3週間ぶり。小池知事は6月2日の都議会本会議で、新規感染者数以外の指標も「この数日、厳しくなっている」との認識を示した。

  都のロードマップによると、7日間移動平均での新規陽性者数や感染経路不明の割合、週単位の陽性者増加率の感染状況を示す指標のうち1項目以上が休業要請緩和の目安を超え、その他も勘案して警戒すべき状況と判断される場合には、「東京アラート」を発動し、都民に警戒を呼び掛けるとしている。

  休業要請緩和の目安は新規陽性者数が20人未満、感染経路不明の割合が50%未満、陽性者増加率は1未満。再度の休業要請は新規陽性者数が50人、不明の割合50%、陽性者増加率は2の目安のうち、複数で越えた場合に他の指標も勘案して判断する。

  一方、小金井市の武蔵野中央病院は2日、精神科の閉鎖病棟で新たに患者12人、職員3人の感染を確認したとウェブサイトで発表した。同病院の感染者は計31人になった。

  東京都では、緊急事態措置などの緩和・再要請を検討するための七つのモニタリング指標の状況を、都民に分かりやすく示すため、七つの指標を象徴する7色のライトアップをレインボーブリッジと東京都庁舎で実施している。「東京アラート」が発動された場合は、赤色でライトアップする。

都内の新型コロナウイルス新規感染者数の推移

出所:東京都

備考:5月14日から6月2日までの新規感染者数

(東京アラートの発動を受け、更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE