コンテンツにスキップする
Subscriber Only

トランプ氏、プーチン氏にG7サミット拡大開催案を説明-ロ大統領府

  • 英国とカナダはロシアのG7サミット復帰を阻止する立場を示唆
  • 他国と同じ待遇ならロシアはサミットに参加するとロ大統領府報道官
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Erin Schaff/The New York Times

トランプ米大統領はロシアのプーチン大統領と電話会談を行い、秋に開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)にロシアなどを招く案を説明した。ロシア大統領府が1日の声明で明らかにした。

  ロシア大統領府のペスコフ報道官はこの日、声明に先立ち、他の国と同じ待遇を受けるならロシアはG7サミットに参加すると表明していた。声明はロシアの参加については詳述していない。

  トランプ大統領は5月末に、G7サミットの枠組みは「時代遅れ」だと指摘した上で、秋のサミットに7カ国のほか、ロシアと豪州、インド、韓国の首脳を招きたいと発言した。

  一方、英国とカナダはロシアをG7サミットに復帰させる取り組みを阻止する立場を示唆した。ロシアはクリミアの強制編入を受けて、2014年にG8(当時)から除外された。

原題:
Trump Explained His G-7 Plan to Putin, Kremlin Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE