コンテンツにスキップする

【引受実績】5証券が同額首位、クレディA債のみ-5月のサムライ債

5月のサムライ債引き受けランキングは、仏銀クレディ・アグリコルの3本立て債にかかわった5証券が同額で首位だった。

  5月は今年度初のサムライ債となったクレディAが唯一の起債だった。起債額は1221億円。ブルームバーグのデータによると、このうち自社発行となるクレディ・アグリコル・CIBを除いた引受額は1018億円だった。サムライ債の引受額は非公表でデータ上は均等に割り振られるため、みずほ証券、SMBC日興証券、大和証券、野村証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の5社が各204億円となった。

【5月の順位】(自社発行を除く)

引受会社金額(億円)シェア(%)件数
みずほ20420.0
SM日興20420.0
大和20420.0
野村20420.0
三菱モル20420.0
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE