コンテンツにスキップする

BATとJT、南ア政府に対する法的措置開始-たばこ販売禁止巡り

英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT) と日本たばこ産業(JT)は5月29日、南アフリカ共和国で延長されたたばこ販売禁止を覆すために、同国政府に対する法的措置を開始した。

  南ア政府は新型コロナウイルスを封じ込めるためのロックダウン(都市封鎖)の一環として3月後半にたばこ製品の販売を禁止したが、アルコールを含む他の全ての商品の小売販売が6月1日に再開された後も、たばこ販売禁止は継続する。

  ドラミニ・ズマ協調統治・伝統業務相は販売禁止を続ける主な理由として、コロナ感染して入院する喫煙者は人工呼吸器が必要となる可能性が高いなど医療への影響を挙げた。

  BATは販売禁止により喫煙者が非合法な市場からの購入を余儀なくされるほか、国が税収を奪われ、多くの雇用が脅かされると主張。JTや消費者、農業、小売業の各団体もBATの主張を支持している。

原題:
BAT Appeals to Court After South Africa Digs In on Tobacco Ban(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE